眼病の薬@通販

眼病の薬@通販では、病院で処方されているお薬を正規ルートにて個人輸入代行いたします。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

N-アセチルカルノシン
3件の商品がございます
表示件数
並び替え

N-アセチルカルノシンとは

N-アセチルカルノシンとは、白内障の症状をする効果が期待できる成分です。
白内障の治療は手術でしか行うことが出来ないと言われて来ました。
従来の成分を使った目薬は、白内障の進行を遅れさせる事しかできず原因の根本的な解決には至りませんでした。しかし、2010年にロシアの科学者マーク・バビザエフ博士と研究チームがN-アセチルカルノシンを開発したことにより白内障を手術ではなく点眼薬によって治療することが出来るようになりました。
N-アセチルカルノシンは人間の点眼薬として使用されるのは勿論、犬の白内障治療にも使われている成分です。
ハスキーなどの白内障にかかりやすい犬種の治療薬,予防薬として使用するドッグオーナーも年々増えている為需要がどんどん大きくなっている成分なのです。

N-アセチルカルノシンの効果

N-アセチルカルノシンは目のレンズの役目を持つ水晶体のタンパク質が酸化することで発生する白内障の症状に有効な成分です。
N-アセチルカルノシンは点眼後に非加水分解カルノシンという物質に変化し、強い抗酸化作用によって白内障の症状を遅延,改善させます。既に濁ってしまった部分に対しても濁りを解消し本来の透過性を取り戻すことが出来ます。
抗酸化作用によって改善させることが出来る白内障は以下の通りです。

  • 白内障
  • アトピー性白内障
  • 糖尿病性白内障
  • 加齢性白内障

当サイトで販売しているN-アセチルカルノシンのジェネリック医薬品の先発医薬品であるクララスティル(有効成分は同じ)は、1日に2回の使用を半年継続することで90%以上の患者の視力の改善が見られたことが報告されています。
全体のうち41.5%の患者が白く濁った水晶体が透過したという報告がある為、理論だけでなく実績からも信用することが出来る成分だと言えます。
白内障の改善だけでなく、目の疲れの解消,かゆみや目の不快感に対して効果を表すなどの効能も備わっている為ちょっとした目の悩みを改善する為に利用する人も増えています。

N-アセチルカルノシンの副作用

N-アセチルカルノシンを使用した際に、角膜の充血や一時的な視界の不具合(かすみや歪み等),かゆみやピリピリとした刺激感があります。
使用するたびにこれらの副作用が見られ、副作用に慣れることなくむしろ副作用の症状が悪化していると感じた時には使用を中断する必要があります。
N-アセチルカルノシンが配合された点眼薬を単体で使用した際の副作用は上記の通りですが、併用している点眼薬がある場合には点眼薬同士の成分が眼球内で混ざってしまい思わぬ副作用が発生することがあります。
特に、白内障の初期段階に処方されるピレノキシン系の点眼薬との相性が悪く、併用した際に目に痛みや異物感,瞼がただれることもあるため、出来るだけ併用は避けましょう。

どういった人におすすめ?

N-アセチルカルノシンはどのような人におすすめなのでしょうか。
N-アセチルカルノシンは、強い抗酸化作用によって目の水晶体が酸化することを防ぎ既に白く濁ってしまった水晶体を透過させる作用があります。
まだ白内障を発症していない人がN-アセチルカルノシンが配合された点眼薬を使用することで、白内障の発症を予防することが出来ます。
予防なんてする必要が無いと感じる人も多いと思いますが、白内障は40代,50代から症状が現れる人が増え始め80代になると殆どの人が発症すると言われている非常に発症率の高い病気です。
白内障が発症する前に予防することが出来れば、車に長く乗ることが出来ますし、日常生活の安全性を高めることが出来ます。
これらの事から、N-アセチルカルノシンは白内障患者や、白内障を予防したい人にお勧めすることが出来ます。
1度白内障にかかってしまうと手術以外の方法での完治は非常難しい為、予防策としてのN-アセチルカルノシン点眼薬の使用は非常に効果的です。

ジェネリックで安く白内障治療を行える

N-アセチルカルノシンが配合されている代表的な点眼薬は「クララスティル」「キャンC」です。
どちらも10mlあたり10000円以上の価格で販売されていますが、N-アセチルカルノシンを使ったジェネリック医薬品も販売されている為、そちらを使用することで先発医薬品を使うよりも安く白内障の治療,予防を行うことが出来ます。
先発医薬品のクララスティルなどと比べると、価格は半分以下に抑えることが出来ます。N-アセチルカルノシンの使用法は白内障の治療と予防に分かれますが、どちらも長期間使用することが予測されるので、ジェネリック医薬品を使うことで白内障の治療にかかる医療費を半分以下に抑えることが出来ます。
白内障の手術を行う場合には、保険適用(3割負担)の場合にも両目で12万円の大金が必要になるので、手術が必要な段階になる前に、治療薬,予防薬として利用してみましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県